在宅で毎月10万円稼ぐ無料LINE講座を限定公開中!

高額コンサルで詐欺的な洗脳!?実際に返金された方法!

副業全般

ネットビジネスによくありがちなのが「高額コンサルティング」です。

今回は、詐欺的な洗脳まがいの高額コンサルを申し込んで、実際に返金された方法をご紹介します。

高額コンサルで詐欺的な洗脳!?

久永社長
久永社長

これは、私の知り合いが行った高額コンサルタントとのやり取りです。

私の知り合いが半年ほど前に、年間に150万円のコンサルタントを受けることになりました。

 

そのコンサルタントは、会社でやっているわけではなく、個人事業主としてやっている人でした。

それは、サラリーマンを独立開業させるためのコンサルタントで、そのための目標設定の方法等を教ているとのこと。

 

その方と一度お会いして、話をしたときに非常に嫌な感覚になったと、知り合いは言っていました。

最初は、ある程度良い人だと思っていたのですが、急に、自分の過去や家族関係など、あまり他人には触れられたくないような内容を聞かれたのです。

最終的に、自分の悪い面を色々挙げられ「今のままなら一生変われないけど、コンサル契約をしたら変われると思う。」そう言われて、あまりいい気はしなかったものの、結局契約することになりました。

 

消費者金融から借金をして、そのコンサル費用の頭金としての50万円を支払いました。

しかし、よくよく考えてみると、どんな人かはあまり知りません。

会社として活動しているわけではないので、ネットで検索しても出てきません。

 

更に、色々とネットで検索していたら、自分が契約した時の流れと同じような内容で、ネット掲示板に書かれているのを見つけました。

その中には、最初は相手を目茶苦茶に否定して、その後優しく接するというのが、洗脳の方法の1つだと書いてありました。

いわゆる、DVなども同じような状況だと。

 

そう書かれているのを見て、非常に怖くなり、1回目の対面でのコンサルの際に、契約を破棄したいと言いました。

しかし

「なぜ契約を切るのか」

「それでこの先の人生どうするのか」

の様な、はっきりとは答えられないような質問ばかりをされました。

そして、答えられない質問が続いた後に、

「そんな状態で辞めて、結局今まで通りに生活するならもう少し考えてみたら?」

そう言われて、有無を言わさない形でその日の面談を終えました。

 

しかし、面談の内容と言い、今後やっていく流れについても、あまり自分の成長には直結しなさそうな内容でした。

なので、心の中では

「辞めたいと思っている。でも、それを言うと、また言いくるめられる形での面談が待っている。」

そうして、とある行動に出ることにしたのです。

実際に返金された方法!消費生活センターを利用する

久永社長
久永社長

彼は、消費生活センターを利用しました。

事情を説明し、自分からではなく消費者センター側から、返金の要請をしてもらいました。

 

すると、相手側も素直に返金を受け入れ、その契約は破棄することが出来ました。

このように、私の知り合いは、消費者センターをうまく活用することで、契約を破棄することが出来ました。

 

相手側からしても、個人で仕事をしている以上、自分の名前に傷がつくことを避けたいと
思う部分も大きかったのでしょう。

こうした場面で困った際は、まず消費生活センターに電話をして、状況を話してみましょう。

まとめ

久永社長
久永社長

もちろん、このコンサルタントが、別に違法な行為をしているわけでも、価値がないわけでもないでしょう。

しかし、その場の空気で、断り切れずに契約に至るという人に、少なくとも10人以上には会ってきています。

日本人は自分の意見をはっきりと言えない人が多いです。

そして、高額のお金がかかっているだけに、家族や親しい人には話しにくいものだと思います。

ですので、同じような状況にあり、且つそれで困っている場合には、消費者センターなど中立の立場から意見をくれる場所に行って、一度冷静に考えてみるのも良いかもしれませんね。