在宅で毎月10万円稼ぐ無料LINE講座を限定公開中!

物販で副業するのに国内より海外をオススメする理由!

無在庫ネット通販

ネットショップが好調で増えると、配送業者に問題が起きやすくなります。

今回は、物販で副業するなら国内よりも、海外をオススメする理由について書いていきます。

国内物販の問題点

 

久永社長
久永社長

ネットショップが発達するにつれて、それを支える配送業者には、

「人材の不足」
「教育・育成の不足」

という面で、負担が強いられる形になっています。

 

そして、ネットショップがどんどん発展してくると、国内での物販は非常に難しくなります。

消費者の立場からすれば、より良い商品をより安く手に入れることは、大変うれしいことです。

そして、今はインターネットで、日本中の商品の値段が比較できます。

 

そんな中で商売をしていく通販事業者は、どうしても価格競争に巻き込まれます。

そして、通販事業者は、自社の利益を上げる必要があります。

売る値段を安くしないといけない。

少しでも高いと買ってもらえない。

 

このような状況の中で、仕入れる金額は下げられない。

そうなると、経費削減しか方法はありません。

その結果、通販事業を行っている会社は、間違いなく配送料がネックになってきます。

そういった状況の中で、より配送料を安くするように通販業界全体が動いた結果、運送会社にしわ寄せがくるのです。

 

特に個人で物販をやっていく場合には、配送会社の大口での契約ができません。

そうなると配送料を削減することができず、利益を削るしか方法がなくなってきます。

物販での副業は海外をオススメ

久永社長
久永社長

だからと言って、薄利多売はお勧めできません。

特に在庫を持つ必要が出れば、売れ残ったときに、薄利でせっかく数を売ってきたのに、
その利益が全てなくなります。

利益率が50%あれば、1つの商品が売れ残っても、1つの商品が売れていれば、赤字にはなりません。

ですが、利益率が10%しかなければ、1つ売れ残ると、10個の商品を売らなければ赤字になります。

 

こういった点から、海外物販をお勧めします。

国内に比べてかなりの利益率が取れるほか、当スクールのノウハウは在庫を必要としません。

日本での未発売商品もたくさんありますので、利益率も高いものが多く、無在庫ネット通販なら在庫を抱える心配がありません。

 

更に、個人で物販をやっていきながら、企業並みの配送料の削減も可能です。

ご興味あればご連絡ください。