在宅で毎月10万円稼ぐ無料LINE講座を限定公開中!

物販で稼ぐための視点!国内ではAmazonには勝てない!?

稼ぐマインド

物販の未来は今後どうなっていくのでしょうか?

今回は、今後の物販で稼ぐための視点と国内ではAmazonの影響で、稼ぎづらい現状を解説していきます。

国内では今後さらに稼げなくなる!?Amazonの存在

久永社長
久永社長

これまで、多くの人が稼いできた物販ですが、このままいけば利益を出し続けるのが難しくなります。

全ての物販がダメになるわけではありません。

ある一定の条件を満たしていない物販については、先細りの可能性が高くなっています。

その理由は、インターネットの発達とAmazonの成長にあります。

 

インターネットが発達して、色々な情報が自分で調べられるようになりました。

多くの人にチャンスが与えられる一方で、誰でも参加可能になりライバルも増えました。

そこへきてAmazonの成長です。

 

Amazonは、今や日本でもトップクラスに利用者の多いマーケットの一つです。

今はまだ楽天市場の方が規模が大きいですが、この先はわかりません。

実際に私の周りの人だと、利用者は楽天市場とアマゾンが同じくらいの人数いる感覚です。

 

そして、一番厄介なのが、アマゾン自身が商品を販売している事なのです。

アマゾン自身は、自分のところに販売手数料を払う必要がないので、アマゾンが販売している金額は、あり得ないくらい安かったりします。

家電量販店の半額くらいで売られている商品もあります。

 

そして、インターネットが発達したために、その情報はほとんどの人が見れる状態にあります。

アマゾンの金額が最安値である印象を多くの人が持っており、副業で、ヤフオクやメルカリに
出品している人たちは、

「Amazonより安くなりませんか?」

と、非常に多くの人から言われると聞いています。

 

こういった状況においては、将来的に物販はかなり厳しくなってくると予想されます。

Amazonより安くないと買わない。

そういうお客さんが増え続けているのです。

 

ネット上で、一つの商品が全て同じ金額にはならないでしょうが、特に副業においては、
Amazon本体に立ち向かえるはずもありません。

物販で稼ぐための視点!Amazonに勝つ市場

久永社長
久永社長

しかし、この状況の中で、副業としても伸びている物販の方法があります。

それは、輸出入の物販です。

外国とは、物価が違って当たりまえ。

 

だからこそ、その差額が利益になるのです。

個人で輸入するなら、高い送料や関税を払う必要があるので、このデメリットが縮小されます。

これからの時代、物販で勝つために必要なのはチーム戦です。

 

同じ商品でもチームでまとめて仕入れれば、その送料は安くなります。

是非、当スクール700人超の生徒さんと共に安定的且つ・長期的な収入を得ませんか?

具体的な方法や、細かいサポート体制については、直接質問いただければと思います。