在宅で毎月10万円稼ぐ無料LINE講座を限定公開中!

物販以外でも稼げる付加価値の付け方!これさえできれば売上3割増し!

付加価値がつけられれば、高くても売れる。

今回は、物販以外でも稼げる付加価値の付け方について書いていきます。

物販以外でも稼げる付加価値

久永社長
久永社長

現代では、ほとんど全ての業界で、物やサービスが溢れています。

作る量が買う量よりも多い。

そういった世の中では、ただ作っただけでは売ることが出来ません。

 

多くの企業が「商品はあるのに売れない」このような状況に悩まされています。

企業でさえそうなのです。

ましてや、個人でビジネスをしたり副業をしている人ならなおさらです。

 

そういった中で、商品を売るためには「付加価値」を考える必要が出ています。

付加価値とは?

久永社長
久永社長

では、この付加価値とは何でしょう?

それは

「ある商品やサービスなどに付け加えられた、他にはない独自の価値」

です。

 

もちろん、多くの人がこの意味を理解しているでしょう。

ですが

「実際に自分の商品やサービスにどのような付加価値がつけられるのか」

という話になると苦労する人が多いはずです。

 

ここでは、そういった人のためにヒントとなる例を挙げたいと思います。

もちろん、読んでくださっているあなたのビジネスに直接役に立つかはわかりません。

ですが、その付加価値を理解すれば、必ず応用することが出来るはずです。

稼げる付加価値の付け方

久永社長
久永社長

では、具体的に見ていきましょう。

人が感じる価値には色々なものがあります。

それは、大きく分けると「有形」「無形」の物があります。

 

「有形」の価値とは、目に見える形の付加価値です。

・他の商品にはない機能
・商品に付くおまけ
・セット販売

メーカーでない限り、一つ目の「他の商品にはない機能」を商品に付けることは難しいです。

ですが、後の二つは個人でも可能です。

 

例えば、カメラであれば、一緒にフォトフレームをつけたり、ゲーム機とソフトを一緒に売ったり。

このように、お客さんの使用方法を考えることで、独自の付加価値をつけることが出来ます。

 

一方「無形」の価値というのは目には見えません。

それには、こういったものがあります。

・親切な顧客対応
・お客さんが得をする情報
・返信の早さ

一見してわかりにくいかもしれません。

 

ですが、ネットというのは相手の顔が見えないからこそ、返信が早いというだけで相手に安心感を与えることが出来ます。

こういった些細な事でも、付加価値になりうるのです。

他にも、電化製品などは使い方が難しいので、独自で説明書をつければ付加価値になります。

まとめ

久永社長
久永社長

いかがでしょう?
参考になりましたでしょうか?

ほんの些細な気遣いが価値となり、それが自分の収益につながるのがビジネスの面白いところです。

そんな人に価値を与えながら自分の収益にもなる。

そういうビジネスをお考えでしたら、是非ご連絡ください。