在宅で毎月10万円稼ぐ無料LINE講座を限定公開中!

【メルカリ】現金出品などトラブル・危険性の高い実際に売れた商品!

Amazon・メルカリなど

メルカリでは、個人が簡単にモノの売買ができるとても便利なアプリです。

今回は、そんなメルカリで過去に実際に売れた、トラブルの元や危険性の高い実際に売れた商品をご紹介していき、いつの間にか犯罪に加担しないように意識を高めようという話です。

メルカリで現金出品などトラブル・危険性の高い商品が実際に売れた

久永社長
久永社長

メルカリ市場が大きく変化しています。

個人間で、簡単に商品の売買を行えるサイトである「メルカリ」。

物販を専門にしているので、常に他の市場や業界について調べ続けていると、特に目を引くニュースがありました。

 

2017年に、メルカリで現金が販売されるというのが問題視され、ニュースにもなりました。

4万円の現金に、4万7,300円といった金額がついており、実際に完売していました。

この商品をクレジットで買うことによって、手元に現金を作った上で、クレジットの支払いに充てるという仕組みです。

いわゆる、メルカリを利用したクレジットの現金化の一種です。

 

これでどお互いどのようなメリットがあるのか?

出品者
取引自体は、通常の商品同様にメルカリのシステムを使って、取引するだけなので簡単に現金化ができて、出品者も現金を出品してただ待っているだけで、7000円ほどの利益が出るのです。
落札者
現金化したい人からすれば、8割ほどと現金化業者よりも少し安めですが、すぐに現金化できます。

需要と供給(正確には完売していたので需要のほうが多かった)が、現金で見事に成り立っていました。

 

しかし、これには当然リスクがあります。

クレジットカード会社が調査に入ると、最悪の場合には、クレジットカードの停止処分や、ブラックリスト入りも考えられます。

さらに、現金化はクレジットカード会社が規約で禁止しているというだけで、現行(2018年時点)の法律では、なにも罰則がないのが現状なので「犯罪」にはなりませんが、他の詐欺罪などの犯罪に巻き込まれる可能性があります。

当然メルカリは対策を行ったが・・・

久永社長
久永社長

この現金化に関して、当然メルカリは対策をします。

現金自体の出品を即座に禁止しました。

 

すると今度は、現金がチャージされているSuicaが出品されます。

20000円分のSuicaを25000円などで販売されていたのです。

Suicaは払い戻しができますので、それで間接的に現金化できてしまいます。

これに対しても、メルカリはすぐにこういったSuica等の出品も禁止します。

 

しかし、今度は

・別の商品(中身は現金)で出品し、実際には現金を送る
・商品を購入したらキャッシュバックがある

という方法で、現金化に対する出品が相次ぎました。

もはやいたちごっこです。

さらに、とんでもない商品も

久永社長
久永社長

その他、問題になっていたのは「妊娠菌のついた米」です。

2017年5月2日のニュースにもなっていましたが「現在妊娠中 妊娠菌のおすそ分け」とされる米がメルカリで売買されました。

常識的にも医学的にも、妊娠菌の存在など認められていません。

説明文には「ジンクス」と明記されていても、詐欺罪に問われる可能性もあるとニュースでは言っていたので、そういった点からも問題視されています。

 

さらに、フリマ感覚で何でも売れるからと言って、卒業アルバムや領収書を売ったりする人もいます。

性犯罪になりそうなものから、脱税のために使われそうな領収書。

こういった、法の抜け道の様なやり取りが日々行われており、現在のメルカリでは対応しきれていないとか。

 

そういった意味で、かなりメルカリは危険な市場になりつつあります。

数年前までは、個人が気楽に売れるモールとして重宝されていましたが、知らずにやっていて捕まる可能性もあります。

知らなかったからと言って、後悔しても遅いです・・・

犯罪に巻き込まれないために

久永社長
久永社長

しっかりと理解した上で、正しく副収入を得て欲しいと思っています。

もし、物販や副業に興味はあるけどこういった問題が相次いでいるだけに、少し怖いと感じている人がいれば、是非連絡ください。

副業でやっていく上での注意点や、知らないと損をするような情報も、専門家としてしっかりお伝えします。