在宅で毎月10万円稼ぐ無料LINE講座を限定公開中!

メルカリは稼げる?稼げない?副業に不向きなデメリットを解説!

Amazon・メルカリなど

今回は、メルカリは稼げるのか?稼げないのか?副業に不向きなデメリットを含めて解説していきます。

メルカリとは?

久永社長
久永社長

まずは、簡単にメルカリについてご紹介したいと思います。

あなたのメルカリのイメージとしては、女子高生や大学生といった若い層が使うフリマアプリくらいの印象ではないでしょうか?

しかし、実は世界的にビジネスを展開している伸び盛りの会社なのです。

 

現在のユーザー数は、2016年末時点で

日本で4000万ダウンロード
アメリカで2000万ダウンロード

を記録しているようです。

 

メルカリは、私が教えている物販ではないのですが、物販業界全体が伸びていっているという実感が出て嬉しい限りです。

それだけ物販という市場に人気が集まっているのです。

メルカリ人気の理由は?

久永社長
久永社長

さて、どうしてこれだけ物販(メルカリ)という市場に人気が集まっているのでしょう。

その大きな理由としては、「手軽に売買ができる」ということが挙げられるのではないでしょうか?

街中でも、多くの若い人がメルカリをやっていると話しています。

 

家の不用品を、スマホで簡単に写真を撮って、すぐに出品できるのは魅力だとは思いませんか?

一昔前は、企業が商品を売る→個人が商品を買う、この構図がほとんどだったのです。

しかし、ヤフオクを始め、個人が参入できる市場が、かなり浸透してきたように思います。

メルカリは稼げる?稼げない?副業には不向きなデメリット

久永社長
久永社長

さて、そんな人気のメルカリですが、実は副業としては不向きなのではないかと思っています。

家の物を処分するにはいいですが、実際に売買している人の話を聞くと、副業としてやるのは難しそうです。

メルカリが副業として稼げるのか?稼げないのか?その理由をいくつか挙げてみましょう。

作業量が多い

ヤフオクなどを利用したことがある人はわかると思いますが、ヤフオクには売れなかった商品を再度出品する際に「再出品ボタン」という物が存在します。

この再出品ボタンを押せば、もう一度その商品を販売することができるのです。

しかし、メルカリにはその機能がありません。

 

というのも、基本的にメルカリは「一度商品を出品したら、売れるまで放置する」というのが基本になります。

もしも売れなかったとしても、そのまま置いておくしかありません。

しかし、メルカリのシステム上「出品してから時間が経つほど売れなくなる」という特徴があります。

 

そのため、同じ商品であっても、一度出品を取り下げて再度出品すると売れやすくなります。

久永社長
久永社長

しかし、メルカリの規約上、それをすることが禁止されています。

自分の商品を売るために無茶をする一部のユーザーの影響で、このような規制ができたのでしょうが、知らずに「出品取り下げ→再出品」をやっていると、最悪の場合アカウントが凍結されます。

 

一度凍結されたアカウントが再利用できる可能性は低く、さらにその売上金が引き出せないことだってあるのです。

これは、副業として行う上では非常に利用し辛いですよね?

さらに、手間がかかるのが「コメントの返信」です。

 

メルカリは、他の物販市場とは違って、お客さんはすんなりと物を買いません。

相手が企業ではなく個人ということを知っていますから、大抵の場合値切ってきます。

一種の文化のようになっており、ほとんど出品金額で購入されることがないといっても過言ではありません。

 

「買っても良いですか?」などと言ったコメントがされることも多く、これにリアルタイムで返信していなかったりすると、「急いでいるので他の人から買いました」なんてことを追記されたりします。

副業として物販をするのであれば、そんな四六時中コメントに返信できません。

こういった部分の作業量の多さは、副業として不利なのではないでしょうか?

利益の出る商品が少ない

先ほど、コメントが多いという説明の際に、値切ることが文化になっているとお伝えしました。

それが原因なのですが、金額に関しても多くのコメントが入ります。

特に
「アマゾンではいくらだった」
「○○店ではいくらだった」
といった交渉を平気でしてきます。

 

久永社長
久永社長

大手企業が大量購入して仕入れ値を安くし、販売金額をギリギリにして薄利多売しているような商品の場合、個人がこの金額に太刀打ちすることは非常に難しいです。

さらに、個人で出品する場合には、送料やメルカリの販売手数料などの間接的な費用が掛かります。

それらを計算した上で利益を出すことは非常に難しいのです。

基本的には家にある不用品を売ることを目的にして作られているので、仕方のないことかもしれませんが、金額的に利益を出すことが難しいのがメルカリなのです。

客の質が悪い

値切ることに関して、遠慮のない人がいます。

久永社長
久永社長

「下げてくれたらラッキー」くらいの感覚で簡単に値切ってきますから、相場の10分の1というおかしな金額を申し出てくる人がいます。

その原因の一つが、他の物販をやっている人の仕入れ先になっているというケースです。

 

メルカリは基本的には、価格的に安いものが多いですから、メルカリで買ってアマゾンで売ると利益が出るものもあります。

加えて、このような値切りの文化がありますから、無茶な金額を提示してくる人が多いのです。

 

さらに、商品が届いてから、理不尽な理由でのキャンセルも非常に多いです。

「買ったけど必要なくなったから」
「同じものを家族が買ってきたから」

などの顧客都合で返金を申し出てくる人も多く、お客さんが納得しないと売上金を受け取れない形になっています。

 

顧客満足度を考えるとその方が良いのかもしれませんが、そのせいで理不尽な客であったり、それを利用した詐欺師も現れるなど、非常に客層が悪いです。

さらに、メルカリには自分の住所を知らせなくても配送できる特別な配送方法があります。

この配送方法ですが、顧客としてはうれしいでしょうが、販売者にとっては良いことばかりではありません。

 

匿名性を保たれているだけに、コメントで悪態をついてくる人が後を絶えないのです。

そういったトラブルに関しては、メルカリ事務局が対応しているそうですが、どうしても、追いついていないとか。

だからこそ副業に不向きで稼ぎにくい

さて、副業としてメルカリが不向きな理由を挙げてきました。

個人的には、こんな話を聞いた上で副業をしようと思いません。

確かに世界に進出するメルカリ市場は、非常に魅力的です。

 

そのため、今のメルカリの市場状況が変わったら、私自身参入したいと思っています。

しかし、現状メルカリは、副業を始めとしたビジネス関連の方の参入を拒否しています。

かなり理不尽なアカウント凍結の話も聞きます。

 

そのため、参入するとしても今ではないと思います。

それよりももっと理想的な市場がありますから。

では、今世界を見越した副業をするなら?

現在は、日本国内は不況という言葉を聞かない日がないくらいに不況です。

一部の会社は儲かっているようですが、内部留保などの問題で、実際に生活している私たちの生活はよくなっていません。

久永社長
久永社長

給料が多少上がっても、年金や保険料も上がるので、実際に生活が良くなったと感じることができる人は少ないのではないでしょうか?

 

そんな中で、日本だけでなく、世界に向けて副業をするのは非常に大きなメリットがあります。

世界には豊かな国がたくさんありますし、景気が良いので、どんどんとお金を使う国だってあります。

さらに、物販というのは、やり方さえ間違えなければ失敗しようのない非常に優れたビジネスモデルなのです。

 

在庫を抱えることなく行うこともできますし、人に任せることを覚えれば、自分自身はほとんど作業を行うことなく大きな利益を得ることができます。

そのために必要なのは、ビジネスの仕組化です。

 

しかし残念ながら、そこまでを体系的に準備しているスクールは稀です。

当スクールでは、その部分に徹底して力を入れ、仕組化に注力しています。

労力を最小化し、利益を最大化する秘密を、是非直接お聞きいただければと思っております。