借金の概念を変える

シェアする

借金は危険な物。
そう思っていませんか?

借金と聞くと、
あまり良い連想をする人は
いないと思います。

利息を払うために別の会社から借金をする
自転車操業の様な危険な状態を
思い浮かべる人も多いでしょう。

それを考えると、
確かに借金が危険に思えます。

しかし、本来借金は、
必要な場面で使うことが出来れば
強い味方になるのです。


さてそれは一体どのような場合でしょうか?

借金が必要な場面とは

例えば
マイホームローン。

ローンとついているので、
借金には変わりありません。

ですが、かなり多くの人が
マイホームを購入する際には
使っています。

しかし、それを危険なものだという
認識をしている人は少数派でしょう。

そうなのです。
借金というのは、
何も考えずに使うと危険ですが、

使い方次第では、
夢を最短で叶える手助けをしてくれるのです。

そして、借金には
良い借金と悪い借金があります。

良い借金と悪い借金

良い借金とは、
その借金で、より稼げるようになったり、
自分の能力が上がったりするもののために使用する借金です。

つまり端的に言ってしまえば
自分が将来得をするための借金です

奨学金

奨学金などが良い例でしょう。
奨学金も一種の借金ですが、
それによって学歴をつければ、その後の人生に大きな変化があります。

単純に高卒と大卒の給料の差が
わかりやすいのではないでしょうか?

奨学金で借りた金額も、
月に数万円給料が上がることを考えれば、
長期的に見て得をしています。

真剣に勉強すれば、社会人になって
さらなる年収アップも望めるでしょう。

ビジネスなど将来的に見返りが見込めるもの

ビジネスに関しては、
プランとしてしっかりとしている物であれば
貸してくれる可能性があります。

それは将来的に貸した以上の見返りがあるだろう
と銀行が返済能力として加味してくれているのです。

こういった借金は、
やりすぎてはいけませんが、
活用すること自体はすごくいいことだと思います。

悪い借金

悪い借金とはどのようなものでしょうか?

良い借金とは正反対に見返りが不確定、
もしくは見込めないものです

ギャンブル

わかりやすいのはギャンブル
返ってくることもありますが多くはのめり込み借金…
となってしまいます

ギャンブルの借金をギャンブルで返すのは無理です
だからこそ多くの人が借金で苦しんでますよね

また趣味のために借金してつぎ込んでしまう
これも悪い借金の一つです。

投資

ただ、借金の使用法としては
株やFXには向きません。

銀行も不動産を購入する際には
お金を貸してくれますが、
株やFXに使うためには貸してくれないのです。

つまり、銀行は株やFXは
お金を貸す対象として危険なものだと判断しているのです。

借金に振り回されないために

借金をして自分の夢が最速で叶うなら、
一度借金についての考え方を変えても良いかもしれません。

・そうは言っても借金するのは怖い。
・小資金からビジネスを始めたい。

そう考えているのであれば、
是非ご連絡ください。
良いアドバイスができるかと思います。

無在庫ネット通販ライター

無在庫ネット通販ライター