会社に副業はバレる?副業禁止の会社にバレないための3つ方法を紹介

シェアする

ここ最近は今の会社に全てを依存することなく個人で別の収入源を持つ…といった形が増えてきました。

いわゆる副業と呼ばれてるものです。

以前は本業の他に別の仕事でアルバイト…のような意味合いで使われる事の多かった言葉ですが今はアフィリエイト、せどり…副業と一言に言っても多くの種類が増えましたね。

ただそんな副業にも問題点が…

それはつまり本業である会社自体が副業を禁止している場合が多い…というものです。

ですが副業の普及と共に副業で収入を得てる人は確実に増えています。

この中には禁止の中隠れて副業を行ってる人達も含まれます。

え、副業ってバレる?バレない?

バレる危険性、バレないようにするにはどうすればいいの?

そんな疑問に答えちゃいますよ!

改めてこんにちは
副業初心者の中塚です。

あなたは副業をやってみたい…と思ったこと…一度はありませんか?

副業ってどうなんだろう?
毎日の生活が楽になるなら、収入が増えるならやってみたい…

でも会社にバレると困る、
副業がバレて減給とか元も子もない…

やっぱり表立って減給!なんて処分されてる話を聞くと不安になっちゃいますよね。

そんなあなたのために何故会社に副業がバレるのか

バレるとどんな処置があるのか

バレることのないようにするにはどんな方法があるのか
そんな疑問に1つずつ答えます!

と、その前に何故副業を禁止にするのか?会社にとって従業員が副業すると何が困るのか?についてお話します。

会社が副業を禁止する理由

まず第一に一言で言ってしまうと会社にメリットがないから…というのが理由になります。

本業より副業の方に力を入れて本業を疎かにされる可能性がある。

副業をする時間があるならその分会社の為に働かせたい。

副業で十分な収入を得た際に辞められる可能性がある。

また後述しますが後々の確定申告に置いて処理が面倒になる、手間が増える、といったものですね。

とまあ僕が務めてた会社ではこのような理由で禁止されてると聞きました。

従業員云々…というよりは会社の都合がメインですね

まあ会社は会社で利益を追求するので間違ってる訳ではないのですが制約を受ける側からすればたまったもんじゃありません。

特に人手に困ってる会社ほど縛り付けようと社内ルールは細かかったりします。

どうして会社にバレる?

では会社は個々人が副業や兼業している事をどうやって知っているのか

ずばり確定申告です。

確定申告というのは個々人の収入に対してかかる税金を会社が年末調整で出します。

会社で働くと給料の一部に税金預かり金…場所によって名前こそ違いますが差し引かれる項目があります。

これらに対して国がこの収入ならこれだけの税金を納めてくださいねーと会社にお知らせします。

ここで会社の知り得ない所得があった場合税金の額ももちろん違ってくるのでそこで会社に副業がバレる訳です。

所得税含めたいわゆる累進課税
(所得が大きくなればなるほど支払う税金が増えていく)

この累進課税のものは収入の元へ(個人営業ならば個人へ、会社からの収入であれば会社へ)払ってくださいねの通知がいくようになります。

会社からすると払う予定以上の税収の請求が来るためあっという間にバレてしまう訳ですね。

副業がバレた際の処置

バレた後の処罰は会社で諸々変わってきますが大体の場合注意勧告になります。

もちろんバレた際に仕事を疎かにしてると判断されその理由に副業があるから…と見なされた場合重くなることもありますが…

あとはその人が役職に付いている場合も変わってきます。

立場が上になればなる会社はそもそものダブルワークを禁止する傾向にあります。

なので不安な方は一度会社の規則を改めて確認してみるといいかもしれません。

また基本的に副業はダブルワークを同じなのでもしお仕事始められる方においては直接ダブルワークは大丈夫ですか?と聞いてみるといいかもしれません、こちらの仕事を優先出来ます。と付け足せば印象も悪くならないですよ!

ではバレる原因はわかったと思います。
これを回避するにはどうしたらいいのか?
次は会社にバレないための方法を書いていきます。

会社に副業をバレないようにするには?

では続いて会社に副業をバレないようにする方法についてお教えします

1…確定申告書にきちんとチェック入れて自分で出す

会社の年末調整もあって確定申告は会社任せ…なんて方も多いとは思うのですがそれだとまず間違いなくバレてしまいます。

そのためにどうするか、ですがまず自分で確定申告を提出する際に会社に副業の税収通知が来ないようにする…という方法が手っ取り早いです。

確定申告書類の2枚目の紙に住民税に関する事項…という欄があります。

この中の給与、公的年金に関わる所得以外の…

という項目があるのですが
これは何のことを言っているかと言うと

給与以外の所得を会社から請求するのか個人宛に請求するのか…という問になってます。

ここの欄の個人宛のとこにチェックをしておけば会社でなく自分のところへ雑所得として請求が来るのでバレることなく済ませられます。

2…直接役所の方へ電話をする

これは1番やりやすく確実な方法かも知れませんね笑

直接地域の役所へ連絡を取り副業分の収入を普通徴収にしてくれ、と伝えるものです

※税徴収には2種類あって
特別徴収→会社から引かれる
普通徴収→個人で納める

この方法だと確実に確定申告を会社に通知することなく済ませることが出来ます。

役所の方もこういった対応に合わせてくれる箇所がほとんどですので大丈夫かな…?と心配かもですがとりあえずかけてみることをおすすめします!

遅くても3月の中頃…確定申告の時期には遅れないように注意してくださいね?

3…副業による収入を20万以下に抑える

税収のお話になりますが必要経費を差し引いた収入が20万以下であれば確定申告の必要がなくなります

雑所得の累計収入が20万以下であれば税が必要でないということです。

例えば副業で物販を始めて今年の利益は18万だった。

この場合だと会社に連絡が来る来ない以前に税を納める必要がないので大丈夫です。

ただ、この場合も収入が直接20を超えない場合はいいのですが経費を覗いた額が20万以下の場合は税は納めなくても確定申告による減税処置を受ける必要があるので要注意です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
案外副業というのも世間に広く知られ行ってる方も非常に多くなってきました。

一つの会社に依存して働き続けることはリストラなどいろいろな不安要素もあります。

もちろん会社員が悪いということではありません。

ただ保険はあるに越したことはないということです。

収入の柱がいくつもあればもし一つがダメになったとしても頼りきってる人より間違いなく簡単に持ち直せます。

そうでなくても月に自由に使えるお金が5万増えたらすごく生活にゆとりが持てると思いませんか?

美味しいものも食べられますし旅行だって行けちゃいますよね。

でも副業って言っても何から始めていいかわからない…。

僕はそんな副業初心者の方に物販をおすすめしています。

理由を挙げるなら
物を仕入れて売る
これだけのシンプルなものなので変な話僕みたいな副業初心者にもとっつきやすいからです笑

売れば売っただけ差額が収入になる…とてもわかりやすいですよね。

今回は副業を始めるに当たって不安要素の一つ

副業って会社にバレる?
バレないようにする方法
について書いてみました。

是非お役に立ててくださいね♪

中塚

中塚

在宅ワーク初心者の中塚です。 主に副業初心者の僕がつまずいたポイントや解決法を書いていくのでよろしくお願いします( ᵕᴗᵕ )