AIは投資を安全に、確実に勝てるようにしてくれるのか!?

シェアする

投資は、いつの時代でも人気がありますよね?
 
この記事に興味がある方は、もしかしたら現在投資の方法を探している人かもしれませんね。
 

投資にはたくさんの種類があり、得られる利益やリスクも様々です。
 

私自身、たくさん投資の話を聞いてきましたが、よく言われることの一つに、

「不労所得」
 
というものがあります。
 

働かずにお金を稼ぐことができる。
 
これが投資をすることで得られる最大のメリットではないでしょうか?
確かにこれは非常に魅力的です。
 

多くの人は、現在生活のために仕事をしていることでしょう。
 

サラリーマンに話を聞いていると、
「宝くじが当たったら仕事を辞めるつもりだ」
なんて話をしています。
 

好きな仕事をしている人というのは、それだけ少ないのでしょう。
 
「お金さえあれば仕事なんてしたくない」
そういう人も多いのです。
 

だからこそ不労所得には非常に人気があります。

そして、技術が進化したことにより、働かずに稼ぐ方法というのもたくさんでてきました。

その一つがAIでしょう。

今回は、そんなAIによる投資について見ていこうと思います。

AIとは?

AIとは、「人工知能」のことです。

最近はどこの業界でも非常に注目されている技術ですので、名前くらいは聞いたことがあるでしょう。
 
将棋の世界でAIがプロを倒したという話は有名です。
 
たくさんの過去のデータから、目の前の出来事に対して最善の手を打つ。
 

これまでの機械と違うのは、

「ディープラーニング」
 
という方法で「機械自体が学習する」というところです。
 
このディープラーニングは、今新しく経験したことをAI自ら記憶し、それが目的の達成に役立つのかを判断します。
 

将棋の例で言うと、
「この陣形で、歩を出したら王を取れた」
というようなことを一つずつ記憶していくのです。
 

機械が勝手に学んでいってくれるので、将棋のようにルールの決まった世界ではかなり強くなります。

囲碁は、盤面が非常に複雑なのでAIが実際にプロに勝つのは、まだ先のことでしょうが、それでもこのディープラーニングを続けることで勝ち得るのです。
  

なぜAIの投資が人気を集めているのか

さて、そんなAIですが、投資の世界でもその人気は非常に高いです。
 

投資において一番難しいことは、
「感情を入れずにトレードすること」
だと言われています。
 

これまで投資を経験したことがある人はわかると思いますが、平常心でトレードをすることは非常に難しいです。
 

お小遣い程度の小さな金額でトレードしている内は良いのですが、大金がかかったトレードになってくると、その精神状態は正常ではありません。
 

少しの値下がりだけでもチャートから目が離せなくなったり、少し値が上がっただけで気分が高揚したり。
 

しかし、そういった状態では、ほぼ確実に負けるのです。
 

本来であれば、
「移動平均線がこの値を示しているから」
「ここ1年のボラティリティの平均がいくらだから」

といったように、ちゃんとした根拠を元にトレードすべきです。
 

感情を排除して、機械的にトレードすることこそが勝つための条件なのです。
 

だからこそ、実際に機械にトレードさせることが人気なのです。

AIは本当に稼ぐことができるのか?

さて、そんなAIでの投資というのは本当に稼ぐことができるのでしょうか?
 

投資の方法には、以下の2つが存在します。
 

過去の値動きを見て未来の値動きを予想する
「テクニカル分析」

そして、リーマンショックやトランプ大統領の就任など、社会的な変動を元に値動きを予想する

「ファンダメンタルズ分析」

これらが投資をする際に行う分析になります。
 
AIが得意とするのは、テクニカル分析です。
過去のデータを記憶することで、前述したディープラーニングが可能になります。
 

しかし、実はAIだけで投資をするのは非常に困難なのです。

AIにも弱点はあった!

さて、なぜAIだけで投資をすることが困難なのでしょうか?
 

その理由は、
「常に稼ぎ続けることのできる手法が存在しない」
からです。
 

現在のAIは、1つのことしかできません。
将棋のAIであれば、将棋しか強くないのです。
 

これが現在のAIの大きな弱点なのです。
 

将棋のAIは、チェスでは勝つことができないのです。
 

そのたびに新しいルールを教えたり、学びなおしたりすることが必要になります。
 

これを投資の世界に置き換えるならどうでしょうか?
 

投資の世界では、様々なことが要因となって値動きがなされます。
 

先ほど述べた「ファンダメンタルズ」的な要因もあれば、世界中の大手ファンドによる売買によって値動きが変動することもあります。
 

さらに、あまりにも円高・円安になるとインフレやデフレになりすぎないように政府が介入してきたりします。
 

こういったことが日々行われているので、一時期稼げることのできた投資手法であっても、数年もしないうちに稼げなくなってしまいます。
 

これは、投資の世界でのルールが変わったということです。
 

ルール変更にAIは対応できず、ルールが変わった瞬間にこれまで得てきた利益を全てなくすほどの損失を出すのです。
 

そのため、現在AIで稼ぐことは難しいとされています。

投資をするならビジネス!?

さて、AIでの投資は非常に難しいことを話てきました。
 

私が個人的に教えているのは、投資よりも先にビジネスをすることです。
 

その理由は、
「ビジネスの方が圧倒的に利率が高いからです。」
 

投資の世界では、毎年安定的に利益を出すことは非常に難しいです。
 

株式投資の世界では、年利8%を安定的に稼げればプロのトレーダーとして一人前だと言われています。
 

元手が100万円あると、年間で8万円の収入があるということです。
 

物販の場合には、利率は20%くらいを出すのが一般的です。
上手くリサーチをすることができ、市場の穴をねらえば、利益率9割も可能なのです。
 

そのため、同じく100万円があったとすると、20万円稼ぐことは普通で、時には1,000万円稼ぐことだって可能なのです。
 

だからこそ物販をお勧めしています。
 

まとめ

さて、今回はAIの投資の話から、
「投資よりもまずはビジネス」
という話をしてきました。
 

もしも投資に興味があるのであれば、ビジネスで得た利益の一部を投資に回すことをお勧めしています。
 
投資よりも確実に、しかも早く結果が出るのが物販だからです。

しかも、私が教えている物販であれば、するべきことを仕組化しているため、

「不労所得に近い形の物販」
 
を実現しています。
そんな物販を一度学んでみませんか?

無在庫ネット通販ライター

無在庫ネット通販ライター