仮想通貨の暴落!NEMの流出!どうなる世界経済!?

シェアする

2017年は仮想通貨がかなりの高騰を見せましたね。
 

その一方で、2018年に入ってからというものの、暴落に次ぐ暴落。
そしてNEM(ネム)の流出など、様々な事件が起こっています。
 

しかし、今後も仮想通貨は儲かると言い張る人がたくさんいます。
だからこそあなたは仮想通貨に興味があるのではないでしょうか?
 

2017年に、友達の仮想通貨が高騰して、
「投資した資金が10倍になった」
などの情報を横目に
 

「自分もやっておけばよかった」
 
と思っているかもしれませんね。
 

では、今からスタートしても仮想通貨は儲けることができるのでしょうか?
今回は、そんな仮想通貨投資について見ていきたいと思います。

仮想通貨とは?

まず、仮想通貨がどういう物かということから話しましょう。
 

仮想通貨は、ブロックチェーンと呼ばれる新しい技術を利用することで、その売買取引を監視することのできる新しい通貨です。
 

これまで、通貨と言えば円やドルといった国際通貨が公的なお金でしたが、2017年には、この仮想通貨が日本でも認められました。
 

実際には、貨幣のような手に取れる形では扱えませんが、偽造などが行えないような仕組みになっており、非常に安全なものになっているのです。
 

仮想通貨が人気の理由

仮想通貨が投資として人気の理由は、その価格の高騰にあるでしょう。

仮想通貨は、この数年で一気に高騰しました。
2017年だけでも数十倍という価格高騰があり、ニュースにもなりました。
 

私の知り合いでいうと、大手企業の部長も会社に内緒でこっそり買っているようです。
 

日本円をビットコインに換えて、そのままビットコインで商品を購入すれば、売買益に対して税金がかからないからという理由だそうです。
 

副業が禁止されている会社であってもバレずに投資ができるのが魅力とのことです。
 

仮想通貨で稼ぐ方法

さて、そんな仮想通貨で稼ぐ方法が実は複数あることをご存知でしょうか?

ここでは、そんな稼ぎ方を見ていきたいと思います。

安く買って高く売る

これは、一般的な仮想通貨投資で行われている方法です。
 

単純に買って持っておくと、数か月数年という単位で価格が数倍になっている。
 

2017年に億り人(仮想通貨における資産が1億円を超える人)になった人の多くがこの取引手法でしょう。
 

マインニング

マインニングとは、日本語で採掘という意味を持っており、この手法も仮想通貨で稼ぐ人気の方法になります。
 

仮想通貨は、その取引履歴が全世界から見ることができます。
 

誰から誰に資金が移ったのかをしっかりと履歴として持っておくことで、安全な取引を可能にしています。

 
しかし、その一方で仮想通貨にはパソコンでの計算が必要になります。
それだけの膨大なデータをやり取りするのですから当然ですよね?

その計算のためのパソコンを提供するのがマインニングです。

自分のパソコンやスマホを貸し出し、そのパソコンの中で計算を行う。
 

こうすることで、処理の一部を請け負う代わりに、その報酬として仮想通貨を手に入れることができるのです。
 

この方法は、少し前なら非常に有効な稼ぎ方だったようです。
しかし、最近ではほとんど利益を上げることができなくなっているようで、
現在ではその作業に使われる電気代の方が高くつくのだとか。
 

相当なスペックのパソコンを電気代や土地代の安い途上国に持ち込んで、常にフル稼働させていないとまとまった利益にならないようです。

アービトラージ

アービトラージとは、「利ザヤ」を意味する言葉です。

仮想通貨は、ビットコインだけではありません。
 
その他にもアルトコインと呼ばれる様々な仮想通貨が存在しますが、複数の仮想通貨の価格差を利用した投資方法がこれに当たります。
 

この方法も、一部の投資塾などでは教えているようですが、資金力がある程度必要なのと、アルトコインの急激な価値の変動によって、かなり損をしている人も出てきているようです。
 

仮想通貨のメリット

仮想通貨をする上で大きなメリットが、
「いきなり大金を手に入れることができる」
という部分ではないでしょうか?
 

一日で、資産が1.5倍や2倍になることだって十分にあるのが仮想通貨です。
 

今日持っている100万円が、明日には150万円になっている。
これってすごく魅力的ですよね?
 

一日で50万円ものお金が手に入るような投資なんて滅多にありません。
それが誰でも小額から始められるのですから夢がありますよね?
 

それはまるで宝くじに当たるような高揚感でしょう。

仮想通貨のデメリット

その一方で、デメリットも存在します。

価格が下がれば損をするというのは、当たり前のリスクですからここでは省きますが、
 
大きなデメリットとして
「流出問題」
があります。
 

コインチェックの事件で認知した人も多いのではないかと思います。

取引所のセキュリティが甘かったために、数百億円というお金が盗まれる事件になったのです。
これには日本中が騒然となったことでしょう。
 

「仮想通貨って危険じゃん」
そう思った人も多いのではないかと思っています。
 

さらに、システム的なエラーも所々で発生しているようで、
仮想通貨業界全体に暗い影を落とす結果になりました。

私が仮想通貨をやらない理由

私は、今後も仮想通貨をやる予定はありません。
 

その理由は、
「不安定な市場」
だからです。
 

他のビジネスや投資に比べて非常に歴史の浅い仮想通貨。

今回の流出騒ぎを始め、多数の事件が起こっています。
さらに、2018年に入ってからはかなりの暴落を見せています。
 

その背景には、海外の主要銀行が取引を禁止していることが挙げられます。
 

さらには、取引に規制のある国も存在します。

個人的には、今後も規制は厳しくなると考えています。
その理由は、
「自国の通貨の価値が下がる」
ということです。
 

例えば、日本人の多くが仮想通貨を持つようになったとします。
すると、
「日本円で持っているよりもビットコインで持っていた方が安心だよね」
 

なんて価値観が拡がったらどうでしょう。
 

どんどんと日本円は仮想通貨に交換されていき、
円は価値を失うことになります。

そうなられては困るので、国はそのうち規制をかけるのではないかと思っています。
 

そうなるとまた、仮想通貨市場は暴落するでしょう。

このように、国を巻き込んだ形で高騰と暴落を繰り返している仮想通貨は、
ハイリスク・ハイリターンの投資と言えるではないでしょうか?
 

まとめ

私は、仮想通貨にはまだまだ懐疑的な見方をしています。
 

周りの人を見ていてもかなり損をしている人を見てきていますから、お金を使うのは非常に怖いですね。
 

正直、そこにそれだけのお金を使うことができるのであれば、

「その資金を物販で使えば良いのに・・・」

と思うことも多々あります。
 

投資よりもビジネスの方が数段利益率が良いです。
それも短期間で結果が出るのが物販なのです。
 

だからこそ初心者には不安定な仮想通貨ではなく、しっかりと安定した物販を勧めています。

もしも、今後の仮想通貨市場に不安を持っているのであれば、まずは物販をやってみませんか?
 

物販の利益の一部を仮想通貨に回すのであれば、
今の生活は維持されますので、安心して投資を行うことができるでしょう。

無在庫ネット通販ライター

無在庫ネット通販ライター