皆さんは今流行りの無在庫ネット通販というものをご存知でしょうか?
リスクが少なく、再現性も高いことから今副業としても需要が高まってきています。

では、無在庫ネット通販とはなんなのでしょう?

それは文字通り「在庫を持たずにネットで通信販売をする」という意味です。

さらに細かく見ていきましょう。

 

ネット通販

まず「通販」ですが、通販と聞くとどんなものを思い浮かべるでしょう?

有名なところで行くと
「Amazon」
「Yahooショッピング」
「楽天市場」
といったところでしょうか?

一般の人は、このようなインターネット上のショッピングモールから、商品を買うことはあっても、売ることはありません。
ですが、これらのモールは個人的に商品を売ることもできるのです。さらには、ヤフオクやモバオクなどのオークションも個人で出せますし、
最近ではメルカリやフリルなどのフリマアプリにも注目が集まっています。

それらを利用してお小遣い稼ぎをしたり、
さらにはその規模を大きくしていって起業したりする人が現在ではたくさんいます

 

通販のリスク

そんな通販ですが、一番大きなリスクは、

在庫が多量にある状態で売れなくなった時が怖い

というものです。実際の店舗でも、売れ残ると廃棄になったり
原価以下の値段でセールしたりという対応をしています。

コンビニなどでもかなりの数の商品が廃棄となっていますが、
それはあくまで廃棄になっている以上に売れているので成立します。
それでもたくさんのアルバイトやパートさんを雇ったりしていますし、
結果経営が困難になってつぶれてしまう店舗もあります。

ですが、個人で副業などでやっていく上ではそれはあまりにもリスクが大きすぎます。
季節性の商品は売れますが、売れる時期も短いですし、
そもそも売れる商品をリサーチする時間もかかります。

その上、在庫管理や出荷作業まで考えていくと、
本業としてやっていくとしても大変な作業となります。
副業として考えるのであれば事務所も用意できないでしょうから、
在庫の保管場所も困ります。

 

リスクをなるべく低くしたい!

そのような理由から、現在では在庫を持たない方法でのネット通販が人気を集めています。
在庫がなければ、これらの制約がなく始められます。

また、一般的には商品を仕入れる場合には、それなりにまとめ買いが必要になります
(送料をまとめて安くする必要などがある)。
ですが、無在庫ネット通販の場合は基本的には1つずつ仕入れることになるので、
初期費用として用意する金額が圧倒的に少なくて済みます。

そのような理由から
昼間に仕事をしながら、副業として取り組む人に人気のビジネスです。