ユーチューバーは稼げない!?

今回は、現在人気の職業である
ユーチューバーについて書いていきたいと
思います。
『ユーチューバーとは』

ユーチューバーは、
人気の動画配信サイトである
「YouTube」
にて、広告収入を得ている人のことです。
はじめ社長や、ヒカキン
マックスむらいといった方々が有名で、
テレビCMにもなっているくらいです。
収入源は、
YouTubeの最初に流れる広告。
YouTubeが、広告主より
広告料をもらい、
動画の再生回数に応じて
ユーチューバーはお金をもらえます。
最近では、
YouTubeがあるから、
テレビは必要ない。

という若者が急増しています。

・好きな時間に好きな番組を見れる
・ネットがあればどこでも見れる
・テレビにはない動画も見れる
・海外の番組や動画も見れる
といった理由から、
利用者の多いYouTube。
それだけの巨大メディアだからこそ
可能な稼ぎ方です。
『人気の理由』
ユーチューバーは
職業としても非常に人気で、

最近の小学生の
「なりたい職業」
に上位ランクしてくるそうです。
なぜこんなにも人気なのかというと、

自分が面白いと思う動画をあげて、
動画を見てもらえれば収入になる。
そう思っている人が多く、
子供たちの間では、
遊んでお金をもらう人

という認識もあるのだそうです。
『どうやって始めるの?』

そんな人気のユーチューバーは、
意外と簡単に始めることが出来ます。
YouTube内に、
所定の手続きがあるだけなので、
1日あればスタートできるそうです。
後は、
どんどん動画をアップして、
見てくれる人を増やしていけば
収入になります。
『実際やっている人に聞いてみた。
ぶっちゃけどのくらい稼げるのか』

では、
ユーチューバーは実際に稼ぐことが
できるのでしょうか?
私の知り合いにも
ユーチューバーがいるので、
話を聞いてみました。
結論から言うと、
「今から始めるなら稼げない」
という事でした。
というのも、
現在はユーチューバーの人数が
飛躍的に伸びています。
つまり、
ライバルが非常に多いのです。
しかも、
参入者が増えた影響で、
広告料が減っているのだそうです。
少し前までは、
1回の動画再生で0.1円くらいの
収入があったそうです。
つまり、
100万回再生されれば、
その動画一つで10万円の収入です。
動画の数は、
何百件と増やしていけるし、
内容の関連付けといった
マーケティングの工夫をすれば、
可能な数字らしいです。
ですが、
現在は、1回の動画再生で約0.06円程に
下がってしまったと言っています。
100万回再生されて6万円。
その収入は以前の6割程度に
なってしまったのだそうです。
その上、
自分よりも先に始めた人たちは、
既に動画を数十件や数百件
持っています。
これに対抗できるような
面白いアイデアや、
ためになる知識、

特別な技術がないと
今から始めても厳しいのだそうです。
更に、
悪質なユーチューバーも
中には存在して、

その結果、YouTube内での
規制が厳しくなっているのだそうです。
特にBGMなどで、
著作権違反により動画を削除される
という話はよく聞きます。
それが続くと
アカウントの削除もあるのだそうです。
今回は、
人気の職業ユーチューバーについて
書いてきました。
やはり、
ライバルの多い場所で闘うというのは、
どんな副業でも厳しいのですね。