知っていますか?専門職でも稼げないという罠

あなたは知っていますか?

一昔前なら
専門職としてしっかり稼げていた職業も、
実は現在はあまり稼げていない
という事実を。
その最たるものが、
「士業」
と言われる仕事です。
特に弁護士などは、
昔から高い人気がありました。
現在でも、
平均年収で言うと
弁護士は1,000万円を超えており、
非常に人気の職業です。
しかし、
実は弁護士という仕事は、
格差が大きいようです。
その理由の一つは、
弁護士として働く人の増加です。

日本は、
現在人口が減っているにも関わらず、
弁護士の人数は増えてきます。
もしも、
一人当たりの弁護士に対する相談量が
昔と変わっていなければ、

弁護士一人当たりの仕事量は、
減ってしまいます。
そんな状況もあり、
若手弁護士であっても、
就職先を見つけるのに苦労するという
話も聞きます。
交流会などに出た時に、
弁護士の人に何人か会いましたが、

皆独立開業していました。

しかも見た感じはかなり
若そうでした。

初めてお会いした時には
「若いのに、弁護士として独立出来てすごい」

そう思っていました。
しかし、
後々聞いてみると、
就職先が決まらずに、
仕方なく独立したそうです。
最難関ともいわれる国家資格に合格し、
目標だった弁護士になれたのに、
その収入は300万円代という事でした。
弁護士の世界は、
知識や経験が非常に重視される世界です。

どれだけの判例を知っているのか、
どれだけ過去に結果を出したかが、
非常に重要です。
それは当然ですよね。

もしも私自身が相談するとしても、
実績のある方を選びます。
このように、
仕方なく独立してしまった
弁護士の方に必要なのは、
集客や戦略といった
ビジネススキルだと思います。
マーケティングを学び、
集客方法を学び、
顧客の獲得方法を学べば、
きっと結果が出るはずです。
実はそういったスキルは、
物販をやっていれば自然に
身につけることが出来ます。

物を売るのも、
人を売るのも、
似たようなものです。
売り方は変わるかもしれませんが、
商品(人)の特性や価値を理解して、
お客さんのニーズに合わせる。

そういった根本的な部分に関しては、
共通しているのです。
ですので、
士業と言われるほどの
専門的な仕事をされている方であっても、
副業は非常にためになります。
自分には、
手に職があるからと安心せず、
是非、学んでみて下さい。