失敗したくないと思うあなたへ

日本人は、
非常に失敗を恐れている。
そう言ったのは、
私の友達のインド人でした。
彼は、
インドに生まれ、
アメリカで過ごしたこともあり、
今は日本で生活しています。
そんな彼から見たら
日本人は、
非常に失敗を避けようとしているそうです。
「失敗=悪い事」
と捉えている人が多く、
会社でも失敗すると怒られます。
その彼は、
幼少期を海外で過ごしていたこともあるため、
日本人とは考え方が異なっていました。
子供のころから両親に教えられていたのは、
「失敗しないという事は、
何もしなかったのと同じである」
という事でした。
新しい事や、
何かをしなければ、
失敗する事もありません。
その代わりに
成長もなければ、
大きな成果もありません。
喜びや感動もなく、
つまらない人生になる。
そう教えられてきたので、
彼は失敗に対して
ポジティブでした。
しかし、
仕事の関係で日本に来てから数年、
失敗に対して怒られることが
増えてきたと言います。
怒られれば怒られるほど、
モチベーションは下がります。
それは、
どんな環境で育ってきたかは、
関係がありません。
このインド人も、
日本人と同じように、
怒られることが嫌だと感じています。
その結果、
できるだけ怒られないように
行動し始めたと言います。
スポーツをやっている人は、
すぐに理解できると思いますが、

ミスをしないように注意すればするほど、
上手くいかなくなります。
体は縮こまり、
勝負所で力が出せない。

失敗を引きずって、
その結果更に体は縮こまる。
負のスパイラルに陥り、
中々抜け出すことが出来ません。
それと同じように、
仕事でも失敗を恐れると、
余計に失敗をしやすい状態になります。
そんな彼を変えたのは、
副業でした。
彼は、
もしもこのまま失敗が続き、
会社をクビになったら・・・
日本人とは違い、
職を見つけることさえ
難しいのに、

クビになれば、
再就職先を見つけるのは
非常に困難です。
その不安な気持ちから、
副業をすることにしました。
そして、
副業をやって一番変わったのは、

「失敗に対しての考え方」
だったそうです。
副業では、
上司がいません。
自分の行動が誰かの迷惑になることも
滅多にありません。
そんな中で、
少しずつ昔の
失敗に対してポジティブな状態に
戻ったそうです。
副業で失敗し、
その原因を考える。
そして、その原因を解消した結果、
前よりも結果が出る。
この成功体験を積むことで、
彼は昔の様に挑戦できる人に戻りました。
副業でそういう体験を積むと、
次第に本業でも良い成果が
出るようになってきました。
日本でサラリーマンをやっていると、
失敗に対して怒られることが多々あります。
しかし、
彼の様に失敗を恐れるようになってしまうと、
中々良い結果を得ることが出来ません。
ですので、
今本業でうまくいっていないという人は、
副業を考えてみませんか?
失敗に対しての考え方以外にも、
色々な面において、
新しい視点で物事を見れるようになるのは、
これからの人生で必ず役に立ちます。